匣庭遊び

オリジナル中心創作ブログ。

キャラクター及び世界観について

お口にチャック

ちょこちょこニジエで描いたり同人誌などで描いたりしてる世界観およびキャラクターについて。
童話モチーフキャラ関連。
モール・モール

童話をモチーフとしたキャラクター達が住む世界。住人の殆どが外からやってきた人間で構成されている。
過去に外からやってきた少女が二人、女王の座に就き思うままに統治を行っていた。
一代目女王は二代目女王に、二代目は外からやってきた魔女達によって倒された。
女王が倒れて以降は赤頭巾であるセリアが女王代理として統治を行っている状態。
二代目までは一度招かれた者は二度と外に出れない人喰い世界等と揶揄されていたが現在は赤頭巾によって行き来可能な世界になっている。
また二代目までは役になれなかった者は異形になったりと何かしらペナルティを課せられたり役につかない者等女王に意に反する者は排斥するような傾向にあったが現在は少しずつ救済が進んでいる。


前ブログに若干文章などあります。


セリア

セリア・フォンデ・ミッシェル

現在の女王代理。不老不死の精霊のような姉妹の長女。
赤頭巾兼狼を担当している。役割は鍵。赤いクレヨンで扉やドアノブなどを描いて空間を繋ぐ事等が可能。
芝居がかかったような甘い声で喋る事が多いが時たまに素の落ち着いた状態になる事もあるが、素の状態を姉妹や近しいもの以外に見せたがらない。特に無理やり暴いてくるような人間は苦手とする所がある。

一代目の女王以前からこの世界に存在し、一代目の世話を焼いていた。
当時は誰に対しても優しく反抗しない性格でそれが故に徐々に狂っていった女王から悪戯から始まり性的な事を含む拷問・処刑といった仕打ちを受けるように。ただそれらも耐え受け入れようとする姿勢だった為余計に増長させることに。
最終的に他者から反乱を起こされて瀕死の状態の一代目女王に魔法で体を奪われた。
精神のみ逃げ出しどうにか生き抜いたものの、その一件で性格が豹変、幽霊のような状態で復讐を誓い正体を隠しながら幼女の姿でミシェリと名乗り潜伏していた。
ミシェリ
精神体の状態は不安定である為生命維持の為様々な男性と交わり魔力なり生命力なりを拝借していた。またその際に協力者を探し徐々に復讐の下地を整えていた。
(この時にセリアの体を乗っ取った一代目は二代目に反乱を起こし勢力を二分して争っていた)
レインの身体を手に入れた際に自分の影を狼に変えて他者を食らう能力を得てそれを使用し一代目の女王を葬った。

復讐を果たして落ち着いた現在はたまに調子に乗るただのえろい人を化している。

セリアTRPG版

特技は自己犠牲。好きなものはシードルと男性と林檎。






レイン

レイニー・ザ・レイン

姉妹の三女。帽子屋を担当している。ぺったんこ担当(あと陵辱系担当)
一人称は「僕」、他人への呼び方は「アンタ」「お前」など。少年のような話し方をする。

役割は時間。意思を持つモール・モールの時間と唯一交渉ができる存在でまた彼らから噂話を聞くこともできる、ただし噂はあくまで噂であり時間に対する強制力も無い。
一度一代目女王に捕らえられておりその際にセリアと他の姉妹の違いを見る為様々な事をされた為特に性的な事が苦手。
以降は身を隠す為に帽子屋のフリをして森などでお茶会を開いていたもののいつの間にかそれ自体にはまってしまった。
当人いわく死ななくて老いないだけの虚弱体質であり傷を負えば他の姉妹よりもずっと遅いスピードで再生する。
逃げ回るだけしかできない自分自身に嫌気がさしまだ身体を取り返していなかったセリアに自分の体や魔力を譲渡し死んだ。
・・・と思われていたが奇跡的に他の世界で生き延びて最終的にまたモール・モールへと戻ってきてしまった。
厄介ごとに巻き込まれやすくたまに捕まっては性的に泣きを見る事態に陥っている。



テイル・クローリア

テイル・クローリア
姉妹の末っ子。役割は女王の騎士。基本的に猫の耳と尻尾が生えている。
身体そのものが影でできており黒猫の姿で歩いたり他人の影に潜んだりもできる。
また自分が殺して影で食らった人間に完全に化ける事が可能。一応完全でなくていいなら見た事がある人間にも化けれる。
騎士である事以外に主体性があまりなくそういったメンタル的な部分を責められると弱い。

一代目・二代目と女王に仕えており女王の騎士というよりは処刑人のような立ち位置に立っていた。ただいずれも女王からの裏切り等により途中から反乱の方向に切り替えている。コゼット達とはその過程で知り合った。
あまり他の姉妹と交流を持たずセリアに関しても中身が変わった事に気付かずに戸惑っていた。
セリアが女王代理になってから処刑人の役は終了したものの今度は自分の存在意義と姉妹との距離感とでストレスを抱える羽目になり結果として洗脳されかけたりもした。
その際に数回千鶴が救いに来たことがあり好意を寄せていた。

現在は落ち着いてたまに騎士の仕事を引き受けたりするような立場にある。
散川千鶴に求婚中でありたまに姉妹にドン引きされる行動力でモノにしようと企んでいる。
スポンサーサイト
  1. 2016/03/21(月) 19:56:55|
  2. 創作―異界童話モール・モール
  3. | コメント:0
<<魔女あたりの裏設定的なもの。 | ホーム | キャラクターについて軽く2>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

匣嶋 茜

Author:匣嶋 茜
趣味で絵を描いたりお話を作ったりします。
無断転載等の行為は禁止致します。

何かございましたら
http://form1.fc2.com/form/?id=943534
までご連絡ください。
著しく常識を欠くようなもの以外であれば追って返信致します。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (41)
日記 (26)
創作―異界童話モール・モール (8)
創作―文章 (2)
二次創作 (0)
分類不能―童話モチーフなど (0)
お仕事 (1)
ファンアート (1)

アルバム

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR