匣庭遊び

オリジナル中心創作ブログ。

真面目な話を書こうと思ったけど

前半だけで
過去を忘れない事は大事な事だけどそれ自体は強く言いすぎて強制できるものでもないしね。

とりあえず土曜日に母方の祖母の兄に当たる方が戦没されていて、その慰霊祭があるということで奈良の橿原神宮に行ってまいりました。
慰霊祭か、数珠いるのかな・・・きっちりした服のがいいよね、それにしても祖母に会うのは久しぶりだな。
なんて軽い気持ちで行ったら割とずっしりと来た感じ。
過去に戦争があって、それは忘れてはならないことだ、というのは当たり前レベルにわかることなのですがそれを初めて身近に感じた瞬間でした。
奈良県で残り一人となった沈没した艦の生存者の方、式典の途中流れた生存者の方のテープ、戦後、徐々にこのような慰霊祭が減っていき同じく沈没した艦の慰霊祭はすでに行われていない事実など。
そんなお話や式典を戦争を知らない世代の一員として複雑な気持ちで参加させていただきました。

びっしりと名前の書かれた慰霊碑を見てこれだけの方が亡くなられたんだな、と。
慰霊祭終了後に祖母とその従兄弟の方の案内で「ほら、ここにあるのがお兄さんの名前だよ」と。
高い確率であることだとは思うんですが、血をたどると戦争で亡くなった身内の方って多分誰にでもいらっしゃるんでしょうね。
改めてそれを認識させられました。
昔があるから今があると。忘れてはいけませんね。




真面目な話終わり。

こっからは不真面目な話。






相変わらずTRPG続いております。
なんていうか、高確率で僅かなエロ成分を拾うかのごとくのサイコロの出目で。

mafura.jpg

こんな感じ。
ちょっと前は一時裸マフラーでした。
裸マフラーで戦闘・・・・。

裸によくひん剥かれる(もしくは脱がざるを得ない状況になる)系主人公ってなんだそれ・・・。
最近裸以上のピンチが増えましたが。
自分自身が恥辱系が苦手なのでたまに胃をキリキリさせつつゴールを目指してます。
一番最初の荷物ぶんどられるなんて軽いジョブだったんだ・・。
何故かそういう場面ばかりでファンブル出してさらに振ったら「はい、性的な酷い目に遭います」
だったり確率低いはずのとこで僅かな確率を縫うように引き当てたり。
確か貞操観念固いキャラの筈だったんですがなんだこれ・・・。

とりあえず相方さんの話では山場は越えたそうなので頑張りたいと思います・・・
これ以上性的な出目が出ない事を信じて。


真面目な話の後にこれってどうなんだ・・・
スポンサーサイト
  1. 2014/10/26(日) 20:01:30|
  2. 日記
  3. | コメント:0
<<らくがき | ホーム | もちべーしょん>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

匣嶋 茜

Author:匣嶋 茜
趣味で絵を描いたりお話を作ったりします。
無断転載等の行為は禁止致します。

何かございましたら
http://form1.fc2.com/form/?id=943534
までご連絡ください。
著しく常識を欠くようなもの以外であれば追って返信致します。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (41)
日記 (26)
創作―異界童話モール・モール (8)
創作―文章 (2)
二次創作 (0)
分類不能―童話モチーフなど (0)
お仕事 (1)
ファンアート (1)

アルバム

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR